各種保険対応

LINEお友達登録で
カンタン予約

Tel.03-6438-9677 / 火曜~土曜10:00~19:00 日・月曜祝日定休

ネット予約

ネット予約

ネット予約

Online reserve

一般歯科治療について

About dental treatment

以下の項目に当てはまる方は、早めに、歯科医院を受診されますことをお薦めします。
早期発見、早期治療が貴方の歯を救います。
治療が遅れると、歯を抜かなければならなくなってしまいます。
症状が悪化すると施せる治療方法も限られてきます。一本でも多くの歯を残せるように、放置することなく、歯科医院での治療を受診をお薦めします。

  • ・歯が痛い
  • ・歯を支えている歯ぐきまたはアゴが痛い
  • ・冷たいものがしみる
  • ・温かいものがしみる
       ※冷たいものがしみるよりも重症です
  • ・歯ぐきが腫れている
  • ・口の中がネバネバする
  • ・歯がグラグラする
  • ・歯が抜けた(または抜けたまま)
  • ・差し歯が取れた(または取れたまま)

麻酔が苦手な方でも大丈夫!

痛みを感じるポイントは3つです。

・麻酔の針を入れる際の痛み
・麻酔と体温の温度差
・麻酔薬を注入する圧力

当クリニックでは、
コンピューター制御の麻酔機を使用し、痛みを和らげる手技を導入しています

  1. ①麻酔の針を入れる前に、歯ぐきの表面に麻酔を塗ります。この処置により、麻酔の針を歯ぐきに入れた際の痛みを和らげることが可能です。
  2. ②麻酔を打つ前に、麻酔針を専用の機械で体温まで温めます。麻酔と体温の温度差がなくなり、刺激が少なくなります。
  3. ③麻酔針を注入した後、麻酔薬を慎重に、一定の、定圧力で注入します。

    ※痛みを感じない治療をお約束することはできません。個人差がありますこと、ご理解お願い致します。

一般歯科治療の流れ

むし歯の症状と治療方法

むし歯の症状は5段階に分類されます。

虫歯の初期段階です。白く濁っていたり、溝が茶色になっていたりします。この段階では、虫歯を削らずに経過観察をします。

黒い小さな穴があきます。痛みを感じられませんが、処置が必要になってきます。

象牙質までむし歯が進行しています。冷たいものがしみるようになり、 さらに進むと、熱いものがしみるようになります。

虫歯が歯髄(神経)まで進行しています。ズキズキと激しい痛みを感じます。歯髄炎(しずいえん)といいます。

歯根の先に膿がたまることがあります。ここまで虫歯が進むと歯の保存は難しく、抜歯する場合もあります。

虫歯の初期段階です。白く濁っていたり、溝が茶色になっていたりします。この段階では、虫歯を削らずに経過観察をします。

黒い小さな穴があきます。痛みを感じられませんが、処置が必要になってきます。

象牙質までむし歯が進行しています。冷たいものがしみるようになり、 さらに進むと、熱いものがしみるようになります。

虫歯が歯髄(神経)まで進行しています。ズキズキと激しい痛みを感じます。歯髄炎(しずいえん)といいます。

歯根の先に膿がたまることがあります。ここまで虫歯が進むと歯の保存は難しく、抜歯する場合もあります。

段階によって治療法が異なります。

CR・インレー(詰め物)

根管治療・かぶせ物(クラウン)

抜歯

CR・インレー(詰め物)について

詰め物は、インレーと呼ばれることもあります。
神経が残せる程度の比較的小さな範囲の虫歯の治療の際に行われます。

銀のインレー

保険を利用することができます。
しかし、見た目の問題がありますので前歯など目立つ部位のかぶせ物としては向きません。
また、境い目に隙間ができやすく、むし歯が再発することもあります。
また、金属イオンが溶け出すこともあるので金属アレルギーの人には向きません。

CRインレー

保険を利用することができます。
コンポジットレジンというプラスチックの詰め物です。
プラスティックなので銀歯に比べて、強度が落ちます。強く咬むとかけたりしてしまいます。
また、最初は白いのですが、年数が経つと変色してしまうので白くなくなってしまします。

ハイブリッド・セラミックインレー
(保険適応外治療)

保険を利用することはできません。
見た目、再発のリスク、金属アレルギーへの影響もほとんどありません。

かぶせ物(クラウン)について

被せ物は、クラウン、差し歯と呼ばれることもあります。
虫歯などの理由で、大きく歯を削った後、細菌が入り込まないように被せ物を被せます。
歯全体をおおって完全に被せます。

銀歯

保険を利用することができますが、見た目の問題があります。
また、境い目に隙間ができやすく、むし歯が再発することや、金属イオンが溶け出す可能性があるのがデメリットです。

ゴールド(金歯)
(保険適応外治療)

目立つ点は気になりますが、適合がよくむし歯が再発する可能性は銀歯に比べると非常に低くなります。
また、金属イオンが溶け出す可能性も低くなります。

セラミッククラウン
(保険適応外治療)

保険を利用することはできません。
見た目、再発のリスク、金属アレルギーへの影響もほとんどありません。

歯周病の症状と予防&治療方法

見た目、再発のリスク、金属アレルギーへの影響もほとんどありません。
セラミッククラウンには、ハイブリッド、メタルボンド、オールセラミックの3種類があり、それぞれの特徴は右記の通りです。

また、自覚症状が少ないのも、歯周病の特徴です。以下のような症状が確認できたら早めに歯科医院を受診しましょう。

  • ・歯ぐきに赤く腫れた部分がある
  • ・口臭がなんとなく気になる
  • ・歯ぐきが下がってきた気がする
  • ・歯と歯の間にものがつまることがある
  • ・歯をみがいた後、出血することがある
  • ・歯と歯の間の歯ぐきが、鋭角的な三角ではなく、
       おむすびの形になっている部分がある
  • ・ときどき、歯が浮いたような感じがする
  • ・指でさわってみて、少しグラつく歯がある
  • ・歯ぐきから膿が出たことがある

歯周病の予防は、多く分けて2つあります。
1つ目は、セルフケア。2つ目は、プロフェッショナルケアです。

セルフケア(自分で行う歯磨き)

歯周病の原因である歯垢は、食後の食べカスや磨き残しにより作られます。
磨き残したカスを餌に細菌が増殖し、約4~6時間後に歯垢が作られます。そして、12日後に歯石となります。
適切な歯磨きで、歯垢を除去することが大切です。

プロフェッショナルケア(歯科医院で行うクリーニング)

歯垢はバイオフィルムというものを形成します。これは、お風呂の排水溝のヌメリと一緒です。排水溝をお掃除するときに、強力な洗剤で強い力を加えなければならないのと同様に、バイオフィルムを除去するには、歯科医師や歯科衛生士が専用の道具を使って、日常の歯磨きでは落としきれない歯と歯肉の境目や歯の細かい溝などの汚れを徹底的に落とすクリーニングをする必要があります。